ホーム>トピックス>トピックス

トピックス

 インフル新薬 話題に

  塩野義製薬が開発した抗インフルエンザの新薬「ゾフルーザ」が話題になっています。

  新薬といっても今年の3月から発売された薬ですが、すでに今シーズンのシェアが一番になった模様
  です。昨シーズン終盤に発売されたにもかかわらず、わずか2週間で40万人に処方されたようです
  ので、当然かもしれません。


  従来の抗インフルエンザ薬には、「リレンザ」、「タミフル」、「イナビル」がありますが、これら
  とゾフルーザが大きく異なるのは、体内で作用するメカニズム(作用機序)です。


  インフルエンザウイルスは人の細胞の中に入り込んで、細胞の中で増殖後、細胞膜を破って他の細胞
  に感染して広がります。

  従来の抗インフル薬は、増殖したウイルスが細胞膜から外に出ないように作用します。

  ゾフルーザは、ウイルスの細胞内での増殖そのものを抑えます
  治験データでは、インフルエンザの罹病期間はタミフルと同程度のようですが、体内からインフルエ
  ンザウイルスが検出されなくなる期間は24時間と非常に短くなったということです。
  このため、職場や学校などで誰かにうつす確率が減る可能性が大いにあります。


  そして、もう一つのゾフルーザの優位点は、1回の錠剤服用で済むことです。

  タミフルはカプセルタイプですが、1日2錠、5日間飲み続ける必要があります。イナビルは1回で
  済みますが、コツがいる吸入するタイプです。リレンザも吸入タイプです。
  そういった意味でゾフルーザは患者に優しいと思われます。

 

  インフルエンザの流行は、例年11月下旬から始まり、2月頃にピークとなります。

  良いインフルエンザの薬が出たからといっても、風邪やインフルエンザに罹ればつらいですから、
  やっぱり予防を大切にして罹らないようにすることが一番です。
  手洗い、マスク、うがいなどをしっかり励行しましょう。

  当社では、予防対策の消毒スプレー「推すキレイ」を新発売しました。
  手軽に簡単にあらゆるところをスプレー消毒できます。手指、マスクにも安全消毒です。

  ぜひお試し下さい!

                        201811215840.pngのサムネイル画像

 新商品「推すキレイ」発売のお知らせ

201811215840.pngのサムネイル画像

 感染症の予防対策スプレー「推すキレイ」 

 手や指の消毒、マスクの消毒、パソコンの消毒などに
 いろいろな場面で使用できる消毒&清掃スプレーです。


 気付いたらシュッ!とお手軽に消毒できる、 
 消毒専門の会社がつくった安全消毒です。


 汚れも落とすことができ、1本で二役の働き。
 さらに、さわやかメンソールの香りも拡がります。


 風邪・インフルエンザの季節です。
 携帯して、いつでもお手軽にシュッシュッ!とスプレー!
 手洗い・うがい・マスクにプラスα。


 1本で220プッシュ分でたっぷり使えます。

 

 

 風邪の季節には特に体を清潔に

  酷暑で体に負担がかかる夏が終わったと思ったら、急激に朝晩が冷え込む日が多くなってきました。
  ということは、間もなく風邪・インフルエンザなどの感染症の季節がやって参ります。


  感染症予防の基本は、手洗い・うがい・マスクですが、体全体を清潔に保つことも、病原菌を排除
  する上で大切です。

  体の表面は脂や汗などが分泌され、ほこりなどが付いたり垢となって、そのままにしておくと不潔
  な状態になります。
  そんな皮膚では病原菌がどんどん増殖するそうです。

  冬のような寒い時期に、汗をかいてないからお風呂に入らなくてもいいやというのは、感染症の予
  防上よくありません。


  熱があるときにお風呂に入らないというのは世界の非常識だという記事を見ました。

  発汗で汗をかき、汗まみれの皮膚では病原菌がどんどん増殖するので、お風呂に入って体を清潔に
  し、暖かいうちにお布団に入ってしっかり睡眠をとることが風邪には一番だというのです。
  他国の人たちは、熱のあるときほど湯船に浸かるのだそうです。

 

  本来、皮膚には新陳代謝によって肌を清潔に保つ機能があります。
  体をよく洗って、汚れや垢を落としてやることで、皮膚の新陳代謝が促進され、もともとある免疫
  力も高まり、病原菌に対抗してくれます。


  また体の部分で、もっとも清潔にしなければならないのは股間部分だそうです。

  分泌物や発汗作用も活発で蒸れやすく、さらに排泄分で汚れやすい部分だからです。
  不潔にしておくと病原菌などが繁殖しやすくなるということです。

  足の裏や指のつけ根部分は、白癬菌が取り付いて繫殖し水虫になります。

  お風呂に入ったら、股間部分、足の間なども意識してよく洗い、清潔にしましょう。

 

  旬のものを食べ、しっかり休息をとり、体を清潔に保ち、体の内から外から免疫力を高め、病原菌
  に負けないようにしましょう。

                               2018105153932.pngのサムネイル画像

 結核に関する初の国連ハイレベル首脳級会合

  今週9月26日に、アメリカ・ニューヨークで国連総会において、初めて結核に関するハイレベル
  首脳級会合が開かれました。
 

  結核は世界でもっとも多くの命を奪う感染症で、毎日4,500人の命が奪われているとされ、
  HIVやマラリアを優に凌ぐ感染症死亡原因とされており、世界全体で対策を講じています。

  2014年5月は世界保健機関(WHO)が世界結核戦略及び目標(結核終息戦略)を採択、2015年
  9月には国連加盟国が持続可能な開発目標SDGsを採択、2015年11月には、WHOの結核終息
  戦略の5ヵ年計画として、結核制圧のためのグローバルプラン2016-2020を策定し取り組んでい
  ます。


  これらの施策のもと各国が結核撲滅に取り組んでいますが、今月18日のWHOの発表によりますと、
  2017年に世界で新たに結核と診断された患者は推定1,000万人に、死者数は推定160万人に
  なったということです。
  また主要な薬が効かない多剤耐性結核の患者は推定56万人弱になったということです。


  国連の持続可能な開発目標SDGsの中の、2030年までに結核による死亡者数を90%減少、
  罹患率を80%減少させるという目標の達成がこのままでは難しいため、今回のハイレベル会合
  につながりました。

  昨年11月には、その前段階となる閣僚級の第1回WHO結核に関する会合が開かれ、世界中から
  120人の閣僚や保健リーダーなどが集結し、結核の終息に向け努力を強化する「モスクワ宣言」
  を約束しています


  2017年で新規患者数が多いのは、インドがトップで274万人、中国が89万人、インドネシア
  が84万人、フィリピンが58万人と続いています。

  日本の2016年における新規患者数はおよそ1万8千人で、死者数は1,900人です。人口10万人
  あたりの患者数は13.9人となり、未だ中まん延国の仲間です。低まん延国となるのはまだまだ
  厳しいようです。


  結核は世界十大死因に入り、死者数が最も多い感染症です。一時期はHIVによる死者数が多かっ
  たのですが、抗HIV薬が開発され、死者数がかなり減少しました。

  結核も減少傾向であるとはいえ、まだこのような状況であるため、もっと国際社会の関心を高め、
  資金を拠出してもらい対策を強化していこうというのが、今回のハイレベル会合のねらいです。


  会合では、2022年までに感染の恐れが高い4,000万人を対象に、検査と治療を行うことを柱とす
  る政治宣言が採択され、2022年までに新薬やワクチンなどの研究開発に現状のおよそ3倍の年
  20億ドル(約2,250億円)、感染者の発見と検査および治療などの対策に現状の2倍の年130
  億ドル(約1兆4,600億円)を投入するということです。

  2030年までに結核患者を8割減らし、2050年までの根絶を目指します。


  当社の電話消毒薬は、結核の予防の医薬品として拡大、活躍しています。


              201892811959.pngのサムネイル画像 201892811141.pngのサムネイル画像

 耐性菌アシネトバクターも予防が大切

  鹿児島大病院で、2016年9月~今年4月に多剤耐性細菌のアシネトバクターが患者15人から
  検出されていたことがわかったニュースがありました。

  15人のうち8人が死亡しており、その中の4人が細菌による感染症を発症していたようです。
  ただし、アシネトバクターが直接的な原因で死亡したかどうかははっきりしていません。

 

  アシネトバクターは、普通にあちこちに生息している菌であり、土壌や水、健康な人の皮膚にも付
  着しているようです。

  体力や免疫力の問題のない人には無害ですが、細菌感染症に対する免疫力が弱まっている人は感染
  する確率が高くなり、肺炎や敗血症などを引き起こすということです。

  そのため、体力、免疫力の弱まっている病院の集中治療室の患者や重症患者への感染が多く、医療
  機関の外での感染は滅多にないようです。


  これまでの多剤耐性アシネトバクターの集団感染事例は、2008年に福岡大学病院で23名が感
  染、その後愛知県の藤田保健衛生大学病院や帝京大学病院でも集団感染が発生しています。


  問題は、アシネトバクター感染症に対して、抗生物質が効かない多剤耐性質が出現しており、その
  場合治療が難しいという点です。

  2009年にアメリカから千葉県の病院に転院してきた患者は、治療していても一向によくならな
   いため調べたところ、既存の抗生物質に耐性のあるアシネトバクターであることが分かりました。

  その頃、イラクやアフガニスタンへ派遣され、傷を負ったアメリカ軍などの兵士がアシネトバクター
  に感染し、多剤耐性質のために治療しても回復せず多数の死者が出ています。致死率が75%にも
  なったといわれています。


  またアシネトバクターは、乾燥にも強く物質の表面でも数日間は生存可能で、黄色ブドウ球菌と同
  等あるいはそれ以上の生存力があるとされています。

  ある小児科集中治療室でも調査では、医療器具をはじめ、電話機受話器やキーボード、インターホ
  ン、ドアノブなどあらゆる箇所でアシネトバクターが検出されたそうです。

 

  治療薬がない多剤耐性菌には、やはり予防が重要になってきます。
  予防の基本は、しっかり手洗いをすることです。
  また使用する物品の衛生管理をしっかり行い、定期的に消毒することも大切です。


                       2018727104216.pngのサムネイル画像

 夏季休業のご案内

  いつも有難うございます。

  誠に勝手ながら、2018年8月11日(土)から8月15日(水)まで、夏季休業とさせて頂きます。
  8月16日(木)から平常どおり営業致します。

  休業期間中に頂きましたお問合せにつきましては、8月16日(木)より順次対応させ頂きます。
  ご不便をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

 
 

 キッチン周りの除菌実験2

  東京都福祉保健局の「くらしに役立つ食品衛生情報」の台所周りの除菌実験の続きです。

  フキンの除菌実験と同様に、まな板の除菌実験も公開されています。

  木製のまな板と合成樹脂製のまな板にO157の菌液をかけ、5種類の除菌方法で実験を行ってい
  ます。


  まずは70℃と90℃のお湯をかけた場合、フキン同様にすぐに除菌されています。これは木製も
  合成樹脂製も変わりません。
  70%のアルコール除菌も同様の効果がありました。


  問題は、意外と漂白剤でした。

  酸素系漂白剤も塩素系漂白剤(200ppm)も、木製のまな板では完全に除菌ができていません。
  塩素系が除菌では最強かと思いましたが、木製には効果が薄かったです。

  合成樹脂製は、すべての実験でしっかり除菌されており、清潔性が確かめられた格好です。


  まな板は直接食品が接します。肉や魚から、サラダ用の野菜、加熱済みの食品まで様々な食品が
  まな板を介して接触する形になるので、他の食品を汚染して起こる食中毒が後をたたないという
  ことです。それだけに、洗浄と殺菌は大切だといっています。

  まな板は古くなってくると、どうしても包丁傷がついてきて、その傷の中で細菌が繁殖しやすく、
  傷の奥の汚れや細菌を取り除くことが一番重要なことということです。


  正しいまな板の洗い方は次のとおり書かれています。

   ①洗剤をつけて清潔なたわしでよくこすり、傷に入り込んだ汚れなどを取り除く。

   ②洗剤を水かお湯でよく洗い流す。汚れや洗剤が残っていると、次の殺菌がうまくできないそう
    です。

   ③熱湯をかけたり、次亜塩素酸ナトリウムの漂白剤につけて殺菌。つけ置きが効果的。
    ☆当社のパイプクリンW(次亜塩素酸ナトリウム使用)もおすすめ

   ④よく乾燥させる。日光乾燥が紫外線の殺菌効果も期待できおすすめ。ただし、ホコリや雨、
    鳥フンがつかないように。

 

  高温多湿の日が続くこの時期だけでなく、1年中食中毒は起こりますので、調理器具や食器類は
  常に清潔に保ちましょう。

 

                       201883145722.pngのサムネイル画像

 抗生物質の無駄使い

  先日の日本経済新聞の記事によりますと、抗生物質はウイルス性の風邪に効果がないのに、患者に
  求められれば処方する医師が6割もいることが分かりました。


  抗生物質はあくまでも細菌に作用する薬です。鼻、喉、喉の奥の感染症が風邪とされ、主にウイルス
  が原因ですので効果はありませんが、抗生物質を飲めば風邪が早く治るなどの誤解あるようです。

  医師はそれを分かっていて、ウイルス性の風邪と診断した場合でも、患者などに抗生物質の処方を
  希望されると、「説明して納得しなければ処方する」という医師が50%、「希望どおり処方する」
  という医師が13%いるということでした。
  これに対して、「説明して処方しない」は33%だったようです。

  また、10~60代の一般の男女710人を対象にした調査では、抗生物質が有効な病気はという
  質問に、インフルエンザが50%、風邪が44%と回答した人がいたということです。半数以上の
  人が、抗生物質がウイルス性の病気にも効くと考えていることが分かります。

 

  昨年6月に厚生労働省は、軽い風邪や下痢の症状に抗生物質の使用を控えるよう、医師の診断手順
  などを示した手引書を公表しています。

                                  2018727103941.pngのサムネイル画像

  不適切に抗生物質を繰り返し処方されることで、有効であったはずの抗生物質が効かなくなり、打
  つ手がなくなってしまうと危惧されているからです。

  手引書では、「抗生物質は風邪には効かない」と告げることなどが書かれているようですが、未だ
  6割の医師が不適切に処方しているのですね。

 

  ウイルスが体内で増殖するのを抑えてくれるのは、抗ウイルス薬です。治す薬ではありません。
  タミフルやリレンザが、インフルエンザウイルスに対する抗ウイルス薬になります。

 

  また細菌による感染症とはいえ、抗生物質の飲みすぎは、もともと備わっている免疫力をどんどん
  下げてしまいます。そうなると、他の病気にもかかってしまい、悪循環になります。


  重要なことは、まず感染症にかからないよう予防をしっかり行うことです。
  かかってしまっても、抗生物質、抗ウイルス薬はできるだけ服用せず、自分の体の免疫力で治すよ
  うにしましょう。

  そして日頃から免疫力を上げるように心がけましょう。

                             2018727104216.pngのサムネイル画像

 キッチン周りの除菌実験

  東京都福祉保健局では、「くらしに役立つ食品衛生情報」を発信しています。
  前回は、食中毒の実験でO157に対する加熱実験でした。

  他にも面白い実験をしていて、洗浄・殺菌に関する実験を公開しています。


  一つ目の実験は、台所回り8箇所の細菌数検査をしています。
  検査している細菌は雑菌と、黄色ブドウ球菌です。

  摂取した場所は、フキン、食器洗い用スポンジ、まな板、水道カラン、包丁、冷蔵庫の野菜室の底、
  シンク、ペットを触ったあとの手の8箇所です。


  この中で、もっとも細菌が多かったのが食器洗い用スポンジでした。他の箇所に比べて異常に多く
  の細菌が検出されています。黄色ブドウ球菌も検出されています。洗剤を付けて使いますので清潔
  そうですが意外でした。

  フキンやまな板も細菌数が多くなっていました。その他は少し細菌が認められるぐらいでした。

  食器洗い用スポンジ以外で黄色ブドウ球菌が検出されたのは、冷蔵庫の野菜室の横とシンクだけの
  ようです。

  一見清潔に思えても、いろいろな所に細菌が付着していることが分かります。

 

  次にフキンの除菌実験があります。

  ただの水洗いではフキンの細菌は落とせませんので、いくつかの方法で実験しています。

  まず、熱いお湯を浸した実験では、70℃と90℃共に一瞬で除菌されています。
  塩素系の漂白剤でも同様の結果となっています。

  酸素系漂白剤では5分程度、70%アルコールでは1分程度の時間が掛かっています。
  酸素系漂白剤の除菌力は弱そうですから、洗濯の際の色柄物用の酸素系漂白剤も同様に長く付けて
  おかないと効果が低いかもしれません。


  先程の食器洗い用スポンジなどは、熱湯消毒が有効そうです。塩素系漂白剤が使えないものも熱湯
  消毒が良さそうですね。


  ちなみに、汚れが付いていると殺菌効果が落ちるため、まずは洗剤でよく洗って汚れを落としてお
  ことが必要ということです。
 

                  201652616162.pngのサムネイル画像

 加熱で食中毒予防の肝心

  梅雨から夏にかけてのこの季節は非常に食中毒が発生しやすい時期ですね。

  東京都福祉保健局では、「くらしに役立つ食品衛生情報」を発信していて、食中毒に係る面白い実験
  をしています。
  その中で、O157に対する加熱実験があります。


  一つ目は、コーンクリームスープにO157を入れ、どれぐらい加熱すれば死滅するかという実験で
  す。

  1mlあたり約100万個のO157を入れて加熱します。
  加熱温度が70℃以上で1分以上の加熱をすれば、菌はすべて死滅していますが、58℃だと10分
  加熱しても、菌は少し減少するだけ
の結果となっています。
  60℃であれば、10分ですべて死滅しています。


  次にO157を付着させたハンバーグをホットプレートで焼く実験では、フタをして焼いた場合、片
  面3分ずつ計6分で菌は完全に死滅
しています。
  片面2分程度では中心温度が高くならないためか、完全に死滅しない場合があるようです。

  フタをしないで焼いた場合、片面を5分焼いて裏返して1分焼き、中心温度が75℃に達していても
  死滅していません。もう3分ぐらい焼かないと菌は無くならないようです。

  フタをした方が、衛生面でも効率も良いようです。


  次に焼肉の場合で、牛カルビをホットプレートで焼いた実験です。
  牛カルビにO157を付着させ、200℃になったプレートで焼いた場合、両面を1分ずつちょうど
  良い焼き加減であれば全て死滅
していました。

  ハンバーグは、いかに火が通りにくいかが分かります。
  ただし気をつけることは、焼肉では生肉を取る箸と食べるときの箸は別にするということです。


  実験では、O157だけでなく他の代表的な食中毒菌を混ぜて死滅実験も行っています。
  サルモネラ菌、腸炎ビブリオ、黄色ブドウ球菌を混ぜて、コーンスープとリン酸緩衝液に接種し75℃
  で1分間加熱すると、すべて死滅した結果となっています。

  しっかり加熱すれば、大抵の食中毒菌は死滅するということです。それも、菌数が少ない方が少ない
  加熱で死滅することが確認されているそうです。


  ただし、加熱できない食材もありますから、食中毒予防の基本は、菌を付けない、増やす環境を与え
  ないことです。生の状態では素早く冷蔵あるいは冷凍をするようにしましょう。

                        2018710161557.pngのサムネイル画像

ページ上部へ