ホーム>トピックス>トピックス

トピックス

 ロタウイルス感染症の流行時期です

  国立感染症研究所によりますと、乳幼児をはじめ子供を中心に急性の胃腸炎を引き起こす「ロタ
  ウイルス感染症」が、今年に入って過去3年間を上回るペースで広がっています。


  ロタウイルスやノロウイルスなどが原因となる急性感染症胃腸炎は、秋から冬にかけて流行します。

  ロタウイルス感染症の流行時期は、2月頃から流行し始め、例年4月から5月にピークを向えます。
  ノロウイルス感染症の流行のピークは、11月から2月です。


  ロタウイルス感染症とノロウイルス感染症の症状は、嘔吐や下痢、発熱など同じようなものですが、
  ロタウイルスの方が症状が長引きやすいようです。


  またノロウイルス感染症は、乳幼児から高齢者までの幅広い年齢層に急性胃腸炎を引き起こすのに
  対して、ロタウイルス感染症は乳幼児などの子供が中心に発生しやすいことが特徴です。大人は感染
  しても軽症ですんだり発症しなかったりするようです。

  乳幼児のほとんどが感染し、初感染時に重症化しやすいことが知られています。
  世界ではロタウイルス感染症により、約50万人の5歳未満の子供が死亡しているといわれ、その
  80%以上が発展途上国で起こっているとされています。

  日本での死亡例は稀ですが、感染者数は非常に多いため、危険であることに変わりありません。


  ロタウイルスは少量(10~100個)でも体内に入れば増殖し発症するほど非常に感染力が強く、
  生存力も強いため、感染予防はきわめて難しいといわれています。

  それでも、感染を拡大させないためにも、ウイルスの特性を正しく認識して、予防を心がけること
  が
重要です。


                       2016428115244.pngのサムネイル画像

 茨城での結核集団感染 感染者増える

  3月に茨城県の病院で発生した結核の集団感染について、その後の調査結果を茨城県が発表しま
  した。

  当初発表された感染者は、結核を発病した80代の女性の家族と看護師ら11人で、そのうち5人
  が発病したということでした。

  その後、調査対象者を拡大して健診を行った結果、新たに19人の感染者が確認され、そのうち
  7人が発病していたことが判りました。

  今回新たに結核発病者と診断されたのは、30代と50代の2名の看護師と、60歳以上同室入院
  患者やその家族らの方たちでした。
  その他に、90代の女性1名だけは施設利用者で、この方は結核性胸膜炎で亡くなっています。

  発病した方たちは、全員通院もしくは入院治療中ということです。

  初回発表と合わせて30人が感染し、12人が発病したことになります。

  12人の発病した方のうち、1名だけが最初に発病した女性の家族の男性で、あとの11名は女性
  でした。
  発病はせず潜在性結核感染者と診断された方たちも、女性が圧倒的に多くなっています。

  (女性の方が感染しやすいというようなデータはありませんので、病院には女性が多いということ
    でしょうか。)


  昨年暮れから今年の初めに警視庁渋谷署で発生した結核集団感染でも19人の感染が確認されてい
  ます。

  結核の初期症状は風邪とよく似ているため、知らずに感染が拡大してしまいます。

  そして発病すると治療にかなりの時間を要します。


  日本では毎年2,000人以上が結核で亡くなっています。

  改めて結核について再認識する必要があります。

                         2015116112755.pngのサムネイル画像

 都内で結核集団感染

  警視庁渋谷署で、2015年末から2016年にかけて署員19人が結核に集団感染していたこと
  が分かったと新聞やニュースが報じました。
  19人のうち6人が発症しており、この6人を含む12人が投薬治療を続けているということです。

  感染元は、渋谷署で留置していた60代の男性の可能性が高く、感染した署員の大半は、その男性
  を担当していた模様です。
  男性は署内で体調を崩し死亡、当初は肺炎が原因とされていましたが、その後「肺結核」原因であ
  ることが分かりました。

  また、死亡した男性の解剖を担当した東京都内の大学病院関係者も7人が感染していたことも判明
  しています。


  大学病院の調査で肺結核だと分かったのが2015年6月であるのに、渋谷署が把握したのが2ヶ
  月後の8月です。
  また、本来結核が判明した時点でただちに最寄りの保健所に届け出る義務があるにもかかわらず、
  保健所に届け出たのは2016年1月になってからということでした。


  現在は、昔に比べて結核患者が少なくなって関心が薄れており、薬も開発されているため、結核が
  軽視されていることが報告の滞りを招いた可能性があります。

  インフルエンザは大騒ぎされますが、結核の方がもっと恐ろしい病気であるため、感染症法の指定
  されているにもかかわらずです。


  今年3月にも茨城県の病院で結核の集団感染が発生しております。

  多剤耐性結核も確認されており、もっと注意するべきだと思われます。


  日本は欧米先進国に比べてまだまだ結核罹患率は高く、世界の中では中まん延国とされてい
  ます。

  「結核は昔の病気」ではありません。

  

 必要でない場合が多い抗生物質

  抗生物質が効かない薬剤耐性菌の対策として、政府は抗生物質の使用量を2020年までに
  3分の2に減らす目標を掲げ、行動計画案を策定しました。


  薬剤耐性菌は世界中で非常に問題となっており、2013年の薬剤耐性菌による死者は全世界で
  70万人に上っており、2050年には1,000万人を達するとの予測もあります。


  ちなみに抗生物質と一口に呼ばれることが多いのですが、「抗生物質」は微生物から抽出された
  天然由来の物質になります。
  その他、人工的に合成して作ったものは「抗菌剤」と呼ばれ、両方を合わせて「抗菌薬」と呼ばれ
  ます。「抗生剤」と呼ぶこともあります。


  薬剤耐性菌が出現し、このような状況になってしまったのは、医師から「念のため出しておきま
  しょう」と抗生物質を安易に処方され、乱用しすぎていることこそが原因といわれています。

  よく見られるのが、風邪やインフルエンザで抗生物質を処方される場合です。

  風邪やインフルエンザはウイルスが原因であるため、大半は効果がありません。
  また、ウイルス感染症の2次的な細菌感染症の予防に抗生物質は意味がなく、それどころか
  薬剤耐性菌による感染症を引き起こすこともあります。

  その他にも、副鼻腔炎や気管支炎など抗生物質が必要のない場合でも処方されることが少な
  からずあるようです。

 

  抗生物質は、病気の原因となる細菌を死滅させるための薬です。
  ただ、悪い細菌だけでなく、人間にもともと棲みついている必要な細菌まで死滅させてしまう
  という問題があります。

  それによって、本来体が持つ免疫機能も衰えてしまい、生き残った薬剤耐性菌の勢力がさらに
  増すことになります。


  目に見えないあんなに小さな細菌が、どうやって耐性を獲得できるようになったのかはわかりま
  せんが、細菌自身が薬を無効化してしまう酵素を作り出したり、自分自身の構造を変化させたり
  します。薬剤を排出させるポンプ機構を獲得する細菌もいて、まさに驚異的です。


  WHOは、昨年から抗菌薬の適正利用を呼び掛ける目的で「抗菌薬啓発週間」を設けました。

  抗菌薬は非常に効果の高い薬です。しかし必要のない人が服用すれば、副作用ばかりで何も
  いいことはありません。

  医師も消費者も抗生物質の適正な使用を心がけていく必要があります。

         201648114251.pngのサムネイル画像

 結核などのワクチンとワクチン歴史

  ワクチンには、前回の不活化ワクチンの他に生ワクチンとトキソイドがあります。

  生ワクチンは、使用するウイルスや細菌は生きてはいるものの、そのウイルスや細菌の毒性を
  弱めて発病しないぎいぎりのところまで抑えたものです。
  病気に自然に感染した状態と同じように免疫が作られ、1回の接種で十分な免疫ができます。

  病原性を弱くしたウイルスや細菌といっても、そのものを身体の中に入れますので、接種して
  から1から3週間は、もともとの病気と同じような軽い症状がでることがあります。


  生ワクチンの代表的なものに結核に対する「BCG」があります。

  BCGを接種すると、人間に備わっている免疫シスムテムによって、体は結核菌を攻撃するT細胞
  を作り出します。このT細胞が今後体内に入ってくる結核菌を排除してくれます。

  他の生ワクチンには、はしか(麻しん)、風しん、おたふくかぜ、みずぼうそう、ロタウイルスなどが
  あります。


  トキソイドは、不活化ワクチンとほとんど同じようなものです。

  細菌の出す毒素が免疫を作るのに重要なものもあり、そのような毒素の毒性を取り除いて、免疫
  を作る能力だけにしたものです。

  トキソイドには、ジフテリア、破傷風などに対するものがあります。

 

  予防接種の考え方は、かなり昔からあり、非常に長い歴史があるといわれています。

  現代のワクチンの礎を築いたといわれるのが、イギリス人医師のエドワード・ジェンナーです。

  天然痘がもっとも恐れられていた当時、ジェンナーは、人間には毒性が弱いと分かった牛の天然痘
  を人に感染させ、予防する方法を完成しました。1796年のことです。

  それ以前には、1700年代前半のトルコでは、すでに軽度な症状の天然痘菌を直接接種する予防
  方法を確立していたという記録が残されています。

  但し、この時代は天然痘の原因が理論的には分かっていませんでした。

  
  1800年代に入り、フランスの細菌学者のルイ・パスツールが病原体の培養を繰り返すことで毒性
  を弱め、これによって免疫ができることを科学的に解明しました。

  これが基盤となり、現代のワクチンにつながっています。
 

                 201641143421.pngのサムネイル画像

 不活化ワクチン

  今年度のインフルエンザの流行は微減傾向にありますが、過去5年間の同時期と比較して、定点
  当たりの報告数はかなり多い状況が続いています。

  この報告数の中には、予防対策としてインフルエンザの予防接種を受けた人も、少なからず含まれ
  ています。予防接種を受けたとしても症状が軽くなるだけで、感染してしまうことがあるからです。


  感染症の予防接種に使用する薬液がワクチンです。ワクチンには、「生ワクチン」、「不活化ワクチン」、
  「トキソイド」の3種類のタイプがあり、インフルエンザのワクチンは、不活化ワクチンのタイプです。


  不活化ワクチンは、病原性(毒性)を取り除いたウイルスや細菌の一部で作ったものです。
  ウイルスや細菌の体の一部なので、自力で増殖することができないため、1回の接種だけでは十分
  な免疫ができず、数回の接種が必要となります。


  現在のインフルエンザのワクチンは、血液に入り込んで全身に広がろうとするウイルスに対して抑え
  る力があるといわれ、それによって重症化を防ぐことができるとされています。

  ただし、感染初期ののどでの増殖を抑えることができません。そのため、咳や熱の症状を引き起こし
  てしまいます。

  完全に発症を防ぐことはできないという点で、他の多くのワクチンとは違っているところです。


  不活化ワクチンには、日本脳炎、DTP-IPV四種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風・不活化ポリオ)、
  DTP三種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風)、DT二種混合(ジフテリア・破傷風)、A型肝炎、
  B型肝炎、肺炎球菌などがあります。


  ワクチンはどれも免疫力をつけるために接種するものですが、不活化ワクチンは年月とともに免疫力
  が弱まってしまいますので、ワクチンの性質に応じて追加の接種が必要となります。

 

                          2016325132448.pngのサムネイル画像

 ペットボトルを栄養にする細菌

  現代は飲料といえばペットボトルと言われるぐらい、ものすごい数のペットボトルが消費されています。

  そのペットボトルの素材となる「ポリエチレンテレフタレート(PET)」は、石油を原料に製造され、
  ペットボトルの他にも衣類などに活用されています。

  今や、PET樹脂の世界年間生産量は、2013年には5,600万トンにまで増え、そのうち容器包装用
  に1,540万トン、フィルム用に320万トン、繊維等に3,800万トンが使用されているようです。


  これだけ製造されているPET製品ですが、リサイクルされているのはペットボトルのみで、多くは
  廃棄されています。

  従来では、この廃棄されるPET製品は、自然界での生物によって分解はされないと考えられてきま
  した。


  しかし、この定説を覆す研究結果が発表されました。


  京都工藝繊維大学や慶応大学、民間会社の共同研究グループが、PETを分解して栄養源とし増殖
  する細菌を発見したと発表しました。

  この細菌が持つ2種類の酵素によってPETが分解され、最終的に炭酸ガスと水になることが分かった
  ということです。


  今までの化学的に分解するケミカルリサイクルでは非常に効率が悪く、相当のエネルギーを消費して
  いましたが、細菌による分解が確立されれば、PETのリサイクル状況が一変するということです。


  細菌やウイルスなどの微生物の世界は、非常に奥が深いと実感します。

 

                  201631812037.pngのサムネイル画像

 結核11人に集団感染

  先日、茨城県の病院で結核の集団感染が発生しました。

  茨城県立中央病院に入院していた80代の女性が結核を発病し、この患者に接触した患者の家族と
  看護師ら11人にも感染、そのうち5人が発病しました。

  発病した5人は、患者の家族である50代の男性と20~40代の女性看護師4人でした。最初に結核
  を発病した80代の女性は、間質性肺炎で亡くなっています。

  感染ルートは分かっていませんが、亡くなった80代の女性がもともと保菌していたのかもしれません。

 

  結核は昔の病気と考えられがちですが、現在でも感染例はけっこうあります。

  国立感染症研究所のデータによると、2月15日の週だけでも全国で317件の感染報告があり、2016年
  の累計では2,708件の感染報告があります。

  また世界に目を向けると、2013年には900万人が結核に罹患し、150万人もの人が亡くなってい
  ます。
  結核は単一の感染症としては、HIV/AIDSに続き、世界で2番目に死亡者数が多い疾患となってい
  ます。

 

  結核は、「結核菌」という細菌が原因となって起こり、保菌者のシブキなどに含まれる結核菌を吸い
  込むことによって感染します。

  ただし、感染しても結核に対する免疫力が出来上がり、結核菌が抑え込まれるため、必ず発病する
  わけではありません。
  しかし、結核菌が居なくなったわけではなく、肺の中で休眠状態になっていて、保菌はしています。

  免疫力があるうちはこの状態が続きますが、体が弱るのを虎視眈々と狙っていて、免疫力が下がる
  ようなことがあると、結核菌が暴れ出し発病に至ります。


  発病すると結核は非常に怖い病気で、多くの場合、肺を侵します。侵すというのは、組織を殺して
  どろどろに溶かす腐った状態にしていきます。

  また肺だけではなく、リンパや血液の流れに乗って全身に菌が拡がり、あらゆる臓器を侵していき
  ます。
  肺以外に最も侵されることが多いのがリンパ節で、他にも多いのが骨や関節、腎臓です。
  さらに、脳にまで菌が達することがあり、結核性髄膜炎を引き起こします。

 

  結核に限らず感染症は、感染拡大をさせないことが大切です。
  そのためにも、早期発見・早期治療が重要で、かからないためにも、できる予防はしっかり行いま
  しょう。


  電話しょうどくは、結核が国民病と呼ばれた時代に、結核の感染拡大を防ぐ目的で、予防薬として
  注目されました。

  今では結核菌に限らず、他の感染症の原因となる細菌やウイルスにも効果があることが分かって
  います。
                            2016311144446.pngのサムネイル画像     

 オリンピック病が流行する可能性

  国立感染研究所の発表の直近(2月8日から14日)データでは、感染報告数は多くありませんが、
  最近マイコプラズマ肺炎が流行っていると耳にします。


  マイコプラズマ肺炎は、通常の肺炎とは違う組織で炎症を起こすため、聴診器を聞いただけでは
  分かりづらく、咳や発熱はしますが、あまり重症化しないため見逃されているかもしれません。


  この疾患は、4年周期にオリンピックが開催される年に流行が繰り返されてきたため、「オリンピック病」
  と呼ばれていますが、現在はこの周期はなくなりつつあります。
  近年では、1984年と1988年に大流行しました。


  マイコプラズマとは微生物の名前で、厳密には細菌ともウイルスとも違います。
  ウイルスとは違い自己増殖でき、細菌とは違い細胞壁を持ちません。細胞壁を持たないため、
  ペニシリンなどの抗生物質はまったく効果がでません。

  また、潜伏期間が通常2~3週間と長いため、適切な判断、処置を行わなければ感染が拡大して
  しまいます。


  罹患年齢が幼児期、学童期、青年期を中心に多いため、集団生活をしている環境で拡がりやすく、
  小中学校での流行が多くなりがちです。
  感染しても肺炎まで至りやすいのは学童期と青年期で、幼児期は風邪症状くらいで済むことが
  多くなっています。


  感染経路は、咳やくしゃみでうつる飛沫感染です。唾液にもマイコプラズマが含まれるため、
  接触感染の可能性も十分にあり得ます。

  1度かかっても免疫力は長く続かないため、何度も感染しますので、予防が大切です。


  一般的な予防法である、うがい・手洗いなどをしっかり行いましょう。

  電話消毒薬は、マイコプラズにも効果が認められています。
  
オフィスでの感染予防に電話しょうどくも取り入れてください。

                              201634182810.pngのサムネイル画像

 インフルエンザ予防が変わる

  インフルエンザの流行がピークを迎え、厚生労働省の発表では、2月8日から14日の1週間に
  おける全国の推計患者数は約205万人に達しました。

  これだけ毎年同じように流行するインフルエンザに対して、罹ってから対処するから、罹らない
  ようにする予防の方向へ注目が集まっています。


  その中で広く普及してきたのが「インフルエンザワクチン」です。
  平成25年度のデータになりますが、実際に1,620万人以上の人がインフルエンザワクチンを
  予防接種しています。

  但し、現在のインフルエンザワクチンは、あくまでも重症化を防ぐことが目的で、感染は防ぐこと
  ができません。

  また、その年に流行しそうなウイルスの型を予測してワクチンを作りますが、予測がはずれると
  効果が出ません。


  そこで、今開発が進んでおり注目されているのが「鼻ワクチン」です。
  従来の注射するタイプと違い、鼻に噴霧する方法でワクチンを鼻や喉の粘膜から取り込みます。

  これによって、粘膜に抗体ができるため、ウイルスが鼻や喉の粘膜に感染しようとすると、抗体
  がブロックするという作用が期待できます。
  感染する前段階でブロックできるため、感染そのものを防ぐというものです。

  また、粘膜にできる抗体はウイルスをブロックする能力が高いと考えられており、そのため、
  ウイルスの型が違っても効果が期待できる可能性があります。


  この鼻ワクチンは、10年前にアメリカで承認され、欧州では2年前に承認されていますが、まだ
  日本では承認されていません。
  そのため、一部の医療機関で接種できるのは、輸入されたワクチンになります。


  国内では、現在3つの鼻ワクチンが開発中です。
  それぞれ原材料としてウイルスの使い方が違っており、効果に特徴がありますので、承認された
  際には注意が必要です。
  3つの中でも、アストラゼネカの開発が一番進んでおり、17年度にも発売される見通しで、欧米
  ではすでに販売されています。


  今後鼻ワクチンが登場してくれば、毎年のインフルエンザの流行に恐れる必要がなくなるかも
  しれません。

                                       201622617024.pngのサムネイル画像

ページ上部へ