ホーム>トピックス>トピックス

トピックス

 都が取り組む-感染症の職場まん延予防

  東京都は、風疹などの感染症を企業ぐるみで予防する取り組みを進めるため、昨年10月より
  「感染症対応力向上プログラム」を始めました。

  感染症が職場でまん延すれば、特に中小企業は事業継続が難しいということで、都が中心と
  なって、「感染症理解のための従業員研修」や「風疹の予防対策の推進」、「感染症事業継続
  計画の作成」の3コースを用意しています。


  なぜ風疹の予防対策かいうと、平成24年から25年にかけて大規模な風疹の流行が起こり、
  東京都の感染者の約9割が20歳から60歳の働く世代であり、職場が感染経路になったと
  いわれているからです。

  現在の20代から40代の人たちは、子供の頃に定期予防接種を受けた人が少ないため免疫
  不十分なその年代の男性を中心に感染が拡大したとされています。

  平成25年の風疹発症者は、約1万4300人に達しており、前年より激増しました。
  昨年はその約100分の1にまで激減しているようですが、数年ごとに流行を繰り返しており、
  警戒を怠ることはできません。


  上記3コースには達成基準があり、従業員研修なら従業員の8割以上が受講する、風疹の予防
   対策は抗体保有者が9割以上いる、となっています。

  その他企業にニーズに合わせて、結核やデング熱、ジカ熱、エボラ出血熱なども勉強すること
  ができるようです。


  アメリカの大学の研究では、風邪を引いたスタッフが一人いるだけで、オフィスの大半のもの
  が半日でウイルスに汚染されるという研究データを発表しています。


  職場が感染の中継基地になる可能性は十分にあります。

  ひとりの従業員が感染症にかかったときのリスクは、その従業員だけでは済まないため、企業
  にとって感染症の予防対策は十分に取る必要があります。


              2016722102413.jpgのサムネイル画像

 スーパー耐性菌の拡大懸念

  もうすぐオリンピックが開催されるリオデジャネイロの海岸で、抗生剤に強い耐性をもつ「スーパー
  耐性菌」が発見されたことが話題になっています。

  発見されたのは「カルバペネム耐性腸内細菌科細菌」で、「悪夢の耐性菌」の異名で最近、注目を
  集めているスーパー耐性菌です。

  カルバペネムというのは、最後の切り札といわれる強力な抗生物質のことです。


  この細菌の感染者数が急増し、世界的な広がりを見せており、米国疾病対策センター(CDC)が
  警告を発し危機感を強めています。

  アメリカでは、年間推定9,000人が感染し、約600人が亡くなっています。
  日本では、年間約1,300人が感染し、52人が亡くなったデータが取られています。


  現在、カルバペネム耐性腸内細菌科細菌に唯一有効だとして、「コリスチン」という、さらに強力
  な抗生物質が用いられています。
  コリスチンは1959年からある抗生物質で、重い感染症の治療に用いられてきました。腎毒性が
  高いため、一旦人体への使用を中止していましたが、近年、耐性菌の出現により、最終選択薬とし
  て再び使用されています。

  しかし、5月にそのコリスチンすら効かないカルバペネム耐性菌の感染がアメリカで初めて確認さ
  れました。
  すでに中国や欧州では確認されていましたが、感染が確認された女性は海外渡航暦のなかったため、
  拡大が懸念されています。


  耐性菌が増え続けている原因は、抗生物質の使い過ぎだと言われています。

  世界の抗生物質の使用量は増え続けており、特にインドの消費量が激増しています。
  インドでは、強い抗生物質でも簡単に手に入れられる状況であり、軽い病気でも、すぐに治そうと
  抗生物質を多用する傾向があるようです。
  そのため、耐性菌を爆発的に増やしていると指摘する専門家もいます。

  日本では、風邪であっても、とりあえずといった形で抗生物質を出す医師が非常に多くいると思わ
  れます。
  しかし、ウイルスに対して抗生物の効果はありません。2次感染の予防にもならないといわれてい
  ます。


  耐性菌の拡大は世界的な問題となっており、日本政府も、2020年までに抗生物質の使用を3割
  減らす方針を掲げました。

  患者になる側も、抗生物質に関する知識を持ち、無用な薬の摂取を控えることは大切です。

                              2016715114122.pngのサムネイル画像

 森林や草地にいる-マダニ感染症

  この季節は、キャンプやハイキング、昆虫採取など屋外で活動する機会が多くなります。

  それに合わせるように春から秋にかけて活発に活動するのが、“ダニ”です。

  ダニの中でも「マダニ」は、主に森林や草地などの屋外に生息し、刺されるリスクが高くなる季節
  でもあります。

  マダニは、アレルギーなどの問題になる寝具や衣類などに発生するヒョウヒダニとは全く種類が違い
  ます。


  このマダニで問題になっているのが感染症です。


  「重症熱性血小板減少症候群」(SFTS)というダニ媒介性感染症で、2011年に中国の研究者
  らによって発見された「SFTSウイルス」が原因となります。

  日本では、2013年1月に初めて確認されましたが、その後の調査で2005年から感染していた
  事例があったことが確認されています。


  2013年3月から本年6月までの統計で、日本での感染者数は185人が確認されており、毎年
  約60人が感染しています。
  地域別でみると、石川県以西でのみの発生となっています。


  すべてのマダニがSFTSウイルスを保有しているわけではありませんが、保有率など詳しいことは
  分かっていないようです。


  SFTSウイルスを保有しているマダニに咬まれることにより感染し、6日から2週間程度で、熱など
  風邪に似た症状が出て、重症化すると神経症状、リンパ節腫脹、出血症状など様々な症状を引き
  起こします。

  致死率は、最近の調査で6%程度とされています。


  予防はダニに咬まれないようにするしかありません。
  野山、草むらに出かける際には、できるだけ肌の露出をさけ、直接草むらに座ったりするのは避け
  ましょう。

 

                               201671165034.pngのサムネイル画像

 「ノロ」と「サポ」

  千葉県の障害者施設で「サポウイルス」が原因とみられる食中毒の集団感染が発生しました。
  入所者と職員あわせて34人が下痢や嘔吐の症状を訴えているということです。


  サポウイルスは、ノロウイルスと同じ科に属するウイルスで、ノロウイルスの親戚みたいなもの
  です。
  ノロウイルスと同じように人の小腸粘膜で増殖します。
  また、ノロウイルスと同様に、人以外でウイルスが増殖することは確認されていないということ
  です。


  ちなみに「サポ」とは、1977年に札幌の児童福祉施設における胃腸炎の集団発生で初めて発見
  され、サッポロウイルスと名付けられたことに由来していています。


  感染源は、ノロウイルスと同じでカキなどの二枚貝を生食や不十分な加熱で食べることが原因と
  なります。アサリからもウイルスが検出されています。

  汚染された貝類を調理した手や、まな板などから生食用の食材に汚染が広がることもあります。

  また、感染した人の嘔吐物やふん便などから感染することもあります。


  カキが旬を向える秋から冬にかけて食中毒の発生件数が増加しますが、今回千葉で発生した集団
  感染のように年間を通して感染の恐れがあります。


  感染力が非常に強く、わずかなサポウイルスが体内に入るだけで爆発的に増殖するため、潜伏
  期間は12~48時間とされています。


  予防対策として、まずは十分な加熱処理です。中心温度が85℃~90℃まで到達したところで
  90秒間以上加熱が必要になります。

  調理前、食事前、トイレ後の手洗いも重要です。

  また、感染者のおう吐物やふん便の処理の際は、手袋・マスクを着用し、次亜塩素酸ナトリウム
  (濃度1000ppm)を用いて消毒し、飛散しないよう適切に処理する必要があります。


  すべての感染症にいえることですが、予防をもっと大切にしましょう。

                            2016624131145.pngのサムネイル画像

 結核菌仲間の感染症

  抗酸菌という細菌がいます。
  現在150種類以上が確認されており、結核菌もその中の1種類です。

  この抗酸菌のうち結核菌とライ菌以外を非結核性抗酸菌と呼ばれ、これによって引き起こされる
  「非結核性肺抗酸菌症」という呼吸器系の感染症の患者が急増しているそうです。

  慶応義塾大学の調査によると、2014年の患者数が2007年と比較して2.6倍に増えており、
  推定で10万人当たり14.7人に上っているということです。


  非結核性抗酸菌は自然環境に普通に存在し、水や土、水道や貯水槽、家畜などの動物の体内
  に広く生息しています。それを吸入することにより感染するといわれています。

  人から人へは感染しないとされており、感染力が強い結核菌のように結核病棟などへ隔離される
  ことはありません。


  非結核性抗酸菌の中で人の感染症の原因となるのは20菌種程度で、そのうち8割程度がMAC
  菌と呼ばれる菌です。
  結核菌の仲間であるため、顕微鏡で見ると結核菌にそっくりに見えるそうですが、性質はまったく
  違います。

  非結核性肺抗酸菌症のうち、このMAC菌が原因となるものを「肺MAC症」といいます。
  数年から10年以上かけてゆっくり進行することが多く、結核のように急速に進行することはほと
  んどないようです。

  その代わり、治療に時間がかかります。
  結核は基本的に薬を約6ヶ月間飲めば完治しますが、肺MAC症の場合は、3剤の薬を少なくとも
  1年半ほど飲む必要があります。4~5年間ぐらい飲む必要があり場合もあるようです。
  それだけ治療に時間を要しますから大変な病気です。

  肺MAC症について、感染経路や潜伏期間など正確に判っていないことが多く、患者には中高年
  の女性に多い傾向がありますが、その理由も判っていません。


  抗酸菌は自然環境であらゆるところに生息し、また抗酸菌症の感染経路などが判明していない
  ため、予防対策が難しいと思われます。
  しかしどのような病気に対しても同じですが、確かなことは身体の免疫力を高めることです。

                           201634182810.pngのサムネイル画像

 結核が世界で猛威

  ここ数ヶ月の間に、日本において結核の集団感染があちこちで発生していますが、世界では結核が
  猛威を振るっているという記事がありました。

  2014年の結核による死者数は150万人に達し、エイズによる死者数より多く、すべての感染
  症の中で最も多くなってしまいました。


  WHOによると、2014年に新たに結核に感染した患者数は推定約960万人に達しており、その
  うち37%にあたる約360万人が治療を受けられない状況にあるということです。


  国別の新たな結核罹患者数は、インドが220万人で最多となっています。
  次に続くのがインドネシアの100万人、そのあと中国が93万人、ナイジェリアが57万人、パキ
  スタンが50万人と続いているようです。


  死者数は横ばい傾向で続いており、2015年以降も同様の傾向が続いている模様です。

  一方エイズについては治療薬の進歩で感染者が長く生きられるようになり、死者数は激減しました。


  また、結核の治療を途中で中断してしまうことによって多剤耐性結核も発生しているということで、
  さらに結核の感染が深刻化しています。
  その多剤耐性結核患者数は推定48万人といわれており、これによる死者は年間約19万人と推定
  されています。

 

  日本では「結核は過去の病気」という認識が強いですが、日本でも毎年新たに約2万人の感染者が
  発生しており、約2,000人が結核により死亡しているというのが現状です。

  結核は古くからある病気で、治療薬もできていることから警戒が甘くなっていますが、発症すると
  大変な病気です。

  日本は欧米先進国と比較して、人口に対する年間の感染者数の割合が高く、中まん延国であること
  を忘れてはいけません。

  

   2016610152813.pngのサムネイル画像  2016610152859.pngのサムネイル画像  2016610152943.pngのサムネイル画像

 どんな感染症でも予防が大切

  蚊が活発に活動する季節になりました。

  今年に入って、蚊が媒介するウイルス感染症のジカ熱が問題となっており、一昨年は日本でデング熱
  が問題となりました。

  新聞紙面などには、蚊に対する対策記事をよく目にします。
  大体どの記事にも感染症の予防のためにすべきことで構成されており、まずは蚊の発生源を絶つこと
  が必要であるということです。


  日本には約200種類の蚊の仲間が生息し、そのうち感染症を媒介するのは、ヒトスジシマカ、アカ
  イエカ、ハマダラカ、コガタアカイエカだということです。

  ジカ熱やデング熱を媒介するのはヒトスジシマカで、日中から活発に活動し、庭や公園などあらゆる
  ところに生息しています。


  ヒトスジシマカとアカイエカは、ちょっとした水たまりに卵を産み、そこでボウフラから成虫に成長
  します。
  そのため、この発生源となる水たまりを作らないことが、第一の予防対策となります

  屋外の植木鉢の水受け皿、放置されたビンや空き缶、雨水・排水ますなど、あらゆるところに溜まっ
  た水たまりが問題となります。

  溜まってしまった水は、早めに日当たりのよいところに流すことが大切で、ボウフラがいた場合でも、
  日当たりでひからびるため、この段階で退治することは非常に有効だということです。


  一方、マラリヤを媒介するハマダラカ、日本脳炎を媒介するコガタアカイエは、水田や湖沼などの
  大きな水域で発生するということです。


  成虫になってしまった蚊に対しては、虫除け剤を使用し、肌の露出をなるべく避けることしかありま
  せん。

  また、蚊は汗の臭いなどに敏感に感知して寄ってくるので、汗の臭いはこまめに消すことも有効です。


  蚊に刺されてしまったら、かゆみも不快ですが、問題となっているのは感染症です。

  感染症はいずれの場合も、予防対策が重要です。

                           201663162141.pngのサムネイル画像

 細菌性食中毒が多くなります

  5月20日から21日にかけて、福井県において学校給食が原因で、小中学生の児童と教職員合わせ
  て287人が被害となる集団食中毒が発生しました。
  患者からはノロウイルスが検出されているということで、食中毒の原因になった可能性が高いという
  ことです。

  5月23日には、兵庫県のゴルフ場でレストランを利用した29人が下痢や発熱を訴えるという集団
  食中毒が発生しています。

  また同じ日に、鹿児島県で高校生7人が食中毒の症状を訴え、こちらは食中毒菌のカンピロバクター
  が検出されています。


  食中毒にはウイルス性と細菌性があり、ノロウイルスは前者、カンピロバクターは後者に分類され
  ます。


  ウイルスは、寒い時期や乾燥していても生きていることができます。ウイルスが食べ物を通じて体内
  に入ることで、人の腸管内で増殖し、食中毒を引き起こします。ウイルスは食べ物の中では増殖しま
  せん。

  細菌は、温度や湿度などで増殖の条件が整い、細菌に感染した食べ物や、細菌が増殖した食べ物が
  体内に入ることで食中毒を引き起こします。

  ですので、温度や湿度が上がるこれからの季節は、細菌が原因となる食中毒が多く発生するわけです。


  細菌性食中毒の原因となる細菌の代表的なものは、腸管出血性大腸菌(O157など)、腸炎ビブリオ、
  サルモネラ、カンピロバクターなどあります。

  食中毒の原因となる細菌の多くは、約20℃ぐらいで活発に増殖し始め、体内温度ぐらいが最も活発
  になります。
  しかし、大半の細菌は75℃以上で十分に加熱すれば死滅することがポイントです。
  ただし、毒素の効力を無効にするには、80℃以上の高さが必要な場合もあります。


  厚生労働省の統計では、もっとも食中毒が発生している場所は飲食店が圧倒的に多く、次に家庭での
  発生が多いようです。

  食中毒予防の原則は、1つは食べ物に細菌をつけないということです。それには、よく手を洗って
  食品を扱うことです。

  2つ目は、細菌を増やさないということです。温度が上がると細菌の増殖力が活発になりますので、
  低温で保存し増殖力を弱めることです。

  3つ目は、細菌を死滅させることです。ほとんどの細菌やウイルスは高温に弱いので、十分に加熱
  することです。加熱できない調理器具などは熱湯で消毒します。


  食中毒の原因となる特性を理解し、しっかり予防しましょう。

                             201652616162.pngのサムネイル画像

 日本でも結核の集団感染が増加傾向

  ここ数ヶ月の間に、結核の集団感染が相次いで発生しています

  3月には、茨城県内の病院で発生し、最終的に30人が感染したことが分かり、12人が発病して
  います。

  4月には、東京渋谷警察署で発生し、32人が感染して、7人が発症しています。


  そしてまた、結核の集団感染が発生しています。

  5月14日の佐賀県の発表では、県内の医療機関で発生。10人が感染し、5人が発症したという
  ことです。
  そのうち80代の女性1人が亡くなっています。

  佐賀県内の結核集団感染は、今回を含め10年間で7件が発生しているようです。


  また、東京都が5月17日に発表したところによると、新宿区内の日本語学校などで、留学生や
  日本人教員ら44人が結核に集団感染したということです。
  そのうち10人が発症したとしています。

  同校に通う20代の留学生が、昨年11月に結核と診断され、その留学生と接触した学生や教員
  にも感染が広がっていました。
  感染源となった留学生は昨年4月に来日しており、結核菌は海外から持ち込まれた可能性が高い
  ということです。


  近年、結核の集団感染の報告数が増加傾向にあります。

  「結核は過去の病気」という認識が多く、風邪と勘違いされやすいため、発見が遅れてしまうこと
  があります。
  医師でも結核を疑わず見過ごしてしまうこともあるようです。
  ある結核に罹った芸能人も、病院に行ったものの、すぐには肺結核と診断されなかったそうです。

  このような認識から集団感染へと広がってしまう要因となっています。


  せきやたんが2週間以上続いたら結核を疑い、早めの受診をしましょう。

  回りの人にも感染が拡大しないように、常日頃から予防対策を心がけましょう。

  

 カビを簡単に見過ごさない

  まもなく梅雨に入り、カビが気になる季節になります。
  梅雨時は、気温も湿度も上がり、カビにとっては最適な環境です。


  カビは何処にいて、いろいろなところで繁殖するのか。

  目には見えませんが、カビは空気中に浮遊していて、多いときには1立方メートルあたり約1,000
  のカビの菌がいるとされています。
  そして、あらゆるところに付着し繁殖します。

  「温度」、「湿度」、「酸素」、「栄養」があれば、カビ繁殖の条件が整います。
  目に見える頃には、相当数が増殖している状態です。


  また、いろいろなところに付着するだけでなく、空気中に浮遊していることから、知らないうちに吸い
  込んで、体内に入っています。その数は、毎日1万以上といわれています。


  カビには、約30万種類以上あることが確認されています。

  その中には、お酒やしょうゆ、漬物などに使用されたり、医薬品の原料となったり、人間の役に立っ
  ているカビがいる一方で、人間に害を及ぼすカビまでいます。


  人間が吸い込んで害を及ぼすカビは、現在約100種類ぐらいが確認されています。


  これからの季節に、カビによる病気で注意が必要なのが、「夏型過敏性肺炎」です。
  「トリコスポロン」というカビの胞子が原因となる肺炎で、アレルギーを引き起こします。
  夏風邪と間違われやすく、治りにくい特徴があります。


  空気中のカビを吸い込んで体内に入るほかに、カビが生えた食べ物を食べて体内に入れてしまう
  リスクも多いにあります。

  カビが産生する二次代謝産物の中で、有毒物質である「カビ毒」が体内に入ると、健康被害を及ぼ
  します。

  現在、300種類以上のカビ毒が確認さているとされており、その中で「アフラトキシン」は、天然
  物質の中で最も発がん性が強いといわれております。


  現代の住宅は、気密性、断熱性が高くなり、逆にカビが繁殖しやすい環境にもなっています。
  室内や押入れ、クローゼットなどまで、こまめに風を通すことで湿気を逃がすことができます。
  ちょっとでも通気を心がけるようにしましょう。


  繁殖してしまったカビには、二酸化塩素が有効です。

  当社のぱいぷクリンWはカビ対策にも有効です。

                        20165131193.pngのサムネイル画像

ページ上部へ